let's

welcome

Salzburg Airport

Salzburg空港

Salzburg空港は90年前の1926年、ザルツブルグからバートライヘンハル経由でミュンヘンへ初めて乗り入れたときから、駐車場を提供しています。1994年7月1日のホリデーシーズンのピークに合わせてオープンした駐車場の建設は、空港にとって画期的な出来事でした。当時から、利用客の増加に伴い、空港周辺の優良な駐車場のニーズが高まることは明らかでした。2016年に空港とSKIDATAの協力関係が始まって以来、Salzburg空港は駐車場管理に関してSKIDATAに信頼を寄せています。一方、Salzburg空港では、年間636,992台の車両アクセスを記録することができます。

プロジェクト概要

ナンバープレート認識システム
駐車場の空き状況を表示する「パーキングガイダンスシステム」を統合
旅行前の駐車場オンライン予約
SKIDATAのソリューションにより、Salzburg空港は国際的な業界のノウ ハウを利用できます。SKIDATAの包括的なソリューションは、アクセス管理システム、収益を生むマーケティングと販売チャンネル、第三者システムとの完璧な統合、最適化された運営プロセス、専門的なデータとレポート管理で構成されています。
ザルツブルグ空港は、お客様に最高の利便性を提供するために、これらすべての機能を備えています。 ザルツブルグ空港の駐車場ページでは、お客様に駐車料金に関する情報を提供し、2016年第4四半期からは、旅行前にオンラインで駐車場を予約することができます。 駐車場をできるだけ早く見つけるために、統合駐車案内システムは、各駐車場レベルの入り口に、そのレベルの現在の駐車場数を示す大きな看板を使用しています。
これらのサービスに加え、最新世代の駐車場管理システムが導入されました。 例えば、障害者対応のタッチスクリーン付き現金自動預け払い機などです。 照明付きバリアは、夜間の最適な視認性と、LEDスクロールテキスト機能による情報提供を提供します。 SKIDATAが統合的かつ包括的なソリューションを提供できることが採用されたポイントでした。 導入は空港のIT部門と密接に協力して行われ、長期にわたる協力の証として10年間のメンテナンス契約も締結されました。

事実& 数字

プロジェクト名 Salzburg空港
都市 オーストリア・ザルツブルグ
インストール日 2016
駐車場 3,600 台分の駐車場
要求事項 お客様のための高い利便性、身体障害者用現金自動預け払い機、駐車場のオンライン事前予約、完璧なサービス
導入したソリューション 包括的なアクセス管理システム、統合されたマーケティング& 販売チャネル、レポート管理
実現/特集 身体障害者用アクセス可能な現金自動預け払い機、頻繁に駐車する人のためのナンバープレート認識システム、 27 Power.Gates、 25 Barrier.Gates、8 Power.Cash ‘Accessible’

最新ブログ

スキー場向け駐車場管理でゲストの利便性を倍増

続きを読む

自社と顧客の貴重なビジネスデータを保護する

続きを読む

EV 車(電気自動車)の充電ステーションで駐車場へのドライバーに引きつける

続きを読む

迅速なデプロイメントにより迅速なアップデート

続きを読む

売上高は絶え間なく続きます:e コマースで、いつでも、どこでも、ワンストップショップ

続きを読む

どのように一緒に仕事ができるか、話し合いましょう

お問い合わせ