let's

welcome

KitzSki

KitzSkiでのモバイルフローソリューション

KitzSkiのアプローチは、お客様の利益を高めることに重点を置いています。
 
彼らが重要視しているのは、最初から認識できる開発を進めることです。つまり、顧客の要望を満たし、それを認識し、タイムリーに実行することです。SKIDATAも同じ原則に従っているため、両社は長年にわたって信頼関係を保ち、成功を収めてきました。

プロジェクト概要

179キロメートルのスロープ、55台のケーブルカーとリフト
KitzSkiは、ヨーロッパに3つしかない「Ikon Pass」メンバースキー場の1つです。Ikon Passは、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド、日本の47の高級山岳リゾートへ・スキー場のアクセスを提供しています。
スマートフォンによる非接触アクセス
HubSpot Video
SKIDATAは、Bergbahn Kitzbühelと完全に統合されています。駐車場へのアクセスから始まり、チケット売り場から改札口まで続いています。 
KitzSkiはまた、約100のホテルパートナーを持っており、彼らはKitzSkiに代わってチケットを販売するためにOPOSシステムを使用しています。 
もう一つの重要な要素は、ウェブショップです。オンライン販売のトレンドは、ますます高まっています。KitzSki社では、ウェブショップによってチケット販売窓口のスタッフのリソースが節約できることを高く評価しています。 
最後に、KitzSki 社のスキー場全体で使用されているチケット販売機と自動販売機の統合も重要なポイントです。
SKIDATAのモバイル・フロー・ソリューションは、山間部のスキー場を未来志向の方法でデジタル化する非接触型アクセスの新しい便利な方法を提供します。 
ゲストの利便性に関しては、モバイル・フロー・プロセスは試行錯誤の末に確立されたソリューションです。ユーザーはモバイル・フローアプリ(Androidと iOS用)をダウンロードして、KitzSkiウェブショップで便利にモバイルスキーパスを購入してアプリで起動するだけで、スマートフォンにスキーパスを持ってリフトに直接行く準備ができています。 Bluetooth Low Energy(BLE)で非接触型チケットコントロールを行うためジャケットからそれを取り 出す必要がないのです。
モバイルフローソリューションを既存のデスティネーションやプールのアプリに統合することで、山のデスティネーションはゲストがスマートフォンで直接追加情報やサービスの恩恵を受けることができます。 リフトオペレーターにとって、これはユーザーと対話する全く新しい方法を開くと同時に、貴重な顧客データを提供します。 ゲストの好みを学ぶので、特別チケットから追加サービスやレストランの割引など、ターゲットを絞ったオファーをすることができます。 このようにして、スキダタのモバイルフローソリューションはマーケティングと収益管理に大きな追加の機会を開くことができるようになるのです。 

もちろん、SKIDATAの幅広い専門知識は以前から知っていましたが、モバイルフローソリューションを私たちのアクセスシステムに統合したときにも、それを実証してくれました。 私たちは、このプロジェクトを一緒に開発できたことを嬉しく、誇りに思っています。この成功が、また私たちの考えを証明してくれています」。

Anton Bodner, CEO, KitzSki

事実& 数字

プロジェクト名 KitzSkiのモバイルフローソリューション
都市 オーストリア・キッツビューエル
インストール日 1990年代、オリジナルのシステム導入。2020年、モバイルフローソリューション
容量 ゴンドラとリフト55基
要求事項 駐車場、スキー場のリフトアクセス、ガストロノミーサポートを含む一括管理システム
導入したソリューション モバイルフローソリューション、OPOSシステム
実現/特集 チケットレス駐車場、決済アプリ、非接触アクセスのためのアプリベースの接続性

最新ブログ

スキー場向け駐車場管理でゲストの利便性を倍増

続きを読む

自社と顧客の貴重なビジネスデータを保護する

続きを読む

EV 車(電気自動車)の充電ステーションで駐車場へのドライバーに引きつける

続きを読む

迅速なデプロイメントにより迅速なアップデート

続きを読む

売上高は絶え間なく続きます:e コマースで、いつでも、どこでも、ワンストップショップ

続きを読む

どのように一緒に仕事ができるか、話し合いましょう

お問い合わせ