データプライバシー
  • Home
  • データプライバシー

SKIDATA データ保護規則に関する方針

SKIDATA AG
データ保護方針

 

ここではSKIDATAによるご利用者の個人情報の取得、取り扱いおよび使用についてご案内いたします。弊社が本データ保護方針において「データ」という場合、ご利用者の個人情報データを指します。

データ取扱の責任者:

SKIDATA(「SKIDATA」)

東京都千代田区内神田1-4-2 

大手町ポイントビル5F

日本


ご利用者が弊社のオンラインサービス(ウェブサイト、ニュースレター、オンラインプラットフォーム、eRecruiting)をご利用される場合、それぞれの書式にご入力いただいたデータが提供されたと見なされます。これらのデータは基本的に、それぞれの利用目的にのみ関連して使用されます。


ニュースレター:

ご利用者が合意をされていても、いつでも合意を撤回することができます。撤回には、ニュースレターに記載されている登録解除をご利用ください。

データ:氏名、学位、Eメールアドレス、会社名、部署名、職位、住所、主要専門分野

目的:会社、製品、サービス、イベントに関する情報の送信

法的根拠:契約、同意、正当な利益(EU一般データ保護規則第6条)

 

トレーニング・プラットフォーム:

ご利用者が合意をされていても、いつでも合意を撤回することができます。撤回には、ニュースレターに記載されている登録解除をご利用ください。

データ:氏名、性別、Eメールアドレス、会社名、部署名、職位、国、主要専門分野

目的:トレーニングの組織

法的根拠:契約、同意、正当な利益(EU一般データ保護規則第6条)

 

eRecruiting(オンラインリクルート):

ご利用者は弊社のオンライン求人ツールを利用して応募することができます。SKIDATAがeRecruitingの関連でご利用者の個人情報をどのように取得し、取り扱い、使用するかについては、eRecruiting向けの特別なデータ保護方針をご一読ください。これは同ツールを使った応募の過程でお知らせしています。

目的:応募管理、応募者書類の処理、場合によっては弊社リストへの記載

法的根拠:同意、正当な利益(EU一般データ保護規則第6条)

 

Cookie(クッキー)

弊社のオンラインサービスはCookieを使用しています。Cookieとは、ログイン情報を含む文字列データで、ご利用者にシステムへの自動的なログイン、およびより多くの機能の利用を可能にします(例えば複数回にわたるパスワードの入力が不要になります)。Cookieは単にご利用者のログイン情報を保存するだけで、ご利用者のコンピューターに障害を引き起こすことはありません。ご利用者はブラウザでCookieの保存期間をご自身で設定することができ、いつでもCookieをご自身で消去することができます。

目的: ログインするご利用者の特定のため

法的根拠: 正当な利益(EU一般データ保護規則第6条)

 

ソーシャルメディア プラグイン
弊社ウェブサイトではFacebook, Twitter, Xing, LinkedInなどのソーシャルメディアにおける投稿をお勧めし、シェアするために、ソーシャルメディア プラグインを使用しています。第三者にデータが転送されるのは、ご利用者がウェブサイト上で提示されたボタンやアイコンをクリックしたときにのみです。SKIDATAはこうしたソーシャルメディアが設置したCookieへの影響力もアクセスもありません。

 

マーケティング用Cookie

弊社は、弊社の委託により他社のウェブサイトに広告を配信する外部のサービス事業者と連携しています。
目的:このサービス事業者は、ご利用者の弊社ウェブサイトおよび弊社広告のご使用およびやりとりを把握するためにCookieを利用します。

法的根拠:同意、正当な利益(EU一般データ保護規則第6条)

 

Google Adwordsのリマーケティング広告

弊社はウェブサイト閲覧者に対し第三者のウェブサイト上の広告を表示するために、Google Adwordsのリマーケティング広告を使用しています。
目的:広告の繰り返しを回避するため、クリック詐欺の防止及び検知のため、並びにご利用者が閲覧したことがあるウェブサイトに関連する、閲覧者にとって重要な広告を表示するために、Google社はCookieを使用しています。Google社はとりわけご利用者が閲覧したウェブサイト、IPアドレス、ブラウザの種類と言語、並びに閲覧日時を保存します。Google社はご利用者のブラウザを明確に認識するために、一つないしは複数のCookieを設置します。Google社は専らサービスの向上とセキュリティ上の理由でご利用者のデータを保存しています。

法的根拠:同意、正当な利益(EU一般データ保護規則第6条)

 

Facebookを介したリマーケティング

弊社は、Facebook Ireland社(アイルランド、ダブリン 2、グランドカナルハーバー、グランドカナルスクエア4番、以下「Facebook」)によるいわゆるCustom Audience Pixel(カスタムオーディエンスピクセル、以下「Pixel」)を弊社ウェブサイトに設置しています。Pixelは弊社ウェブサイトの利用に関するデータ(例えばどのページが閲覧されたか)を把握し、Facebook上でハッシュタグとして転送します。
目的:データは統計的目的およびマーケティング調査の目的に使用されます。このようにして、弊社はFacebookのウェブページ上での弊社の広告キャンペーン(コンバージョントラッキング)の有効性を測定し、弊社の広告がFacebookで作成されたグループをターゲットにすることができます。このほか、弊社はご利用者のFacebookフィードを介して、ご利用者のウェブページの閲覧履歴から興味をもっていただける可能性がある広告を表示することがあります。ご利用者がFacebookのアクセス後に弊社ウェブサイトを閲覧いただく場合、弊社はご利用者を特定することができ、ご利用者からご注文いただいたときなどにこの情報をご利用者の顧客口座に割り当てることができます。

法的根拠:同意、正当な利益(EU一般データ保護規則第6条)

 

Googleアナリティクス

弊社のウェブサイトはGoogleアナリティクスというウェブ解析サービスを使用しています。Google社(1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043, USA)が提供しています。Googleアナリティクスは、ウェブサイトご利用者のやり取りを把握します。

Google社による広告目的のデータ使用、中止および異議申し立ての可能性に関してはGoogle社のウェブページをご覧ください: https://www.google.com/intl/de/policies/privacy/partners (「Google のサービスを使用するサイトやアプリから収集した情報の Google による使用」)、 http://www.google.com/policies/technologies/ads (「広告目的のデータ使用」)、 http://www.google.de/settings/ads (「広告を利用するためにGoogleが使う情報を管理する」)、および http://www.google.com/ads/preferences (「Goolgeが表示する広告を決めてください」)。

 

データを提供する義務がありますか。

個人情報データの提供は基本的に自由意志に基づくものです。しかしながら、SKIDATAによる適切な取り扱い(応募管理またはニュースレター配信など)には、ほとんどの項目が必要となります。必要項目にはその旨が記されています。ご利用者がご自身のデータを提供しない場合、弊社はニュースレターを配信できない、ないしは応募者の応募手続きを処理できないことになる可能性があります。

 

誰がご利用者のデータを取得しますか。
基本的には当該の目的にデータを必要とする職務にある者および従業員がご利用者のデータを取得します。さらに、弊社委託の業者(ITサービス事業者、ホスティング会社、広告代理店など)がご利用者のデータを取得する場合、ご利用者のデータを委託業者が適法に扱い守秘義務を守る十分な保証が得られるように、弊社は業務委託契約を締結します。

 

ご利用者のデータはどれぐらい保存されますか。

情報の取得時(ご利用者の同意の時点など)に明確な保存期間が表示されていない場合には、その情報の目的履行のための保存が不要になった時点で、ご利用者の個人情報は消去されます。ただし、法的な請求要件の主張、行使、防御のためのデータ保存に関する法定保存義務、または商法上のデューデリジェンス要件が削除を妨げる場合はこの限りではありません。

データが消去されない場合、データは匿名化されます。この場合、個人的な参照情報が修復不能な形で取り除かれ、これによりデータ保護規則の適用可能性が失われます。

 

ご利用者にはどんな権利がありますか。

ご利用者は

  • SKIDATAが取り扱うご利用者に関する個人情報に関する情報を取得することができます。
  • また、不正確な個人情報を修正するよう求めることができます。
  • SKIDATAによるご利用者のデータ取り扱いが専らご利用者の同意に基づく場合、SKIDATAが取り扱うご利用者に関する個人情報の消去を求めることができます。
  • また場合によっては、個人情報の取り扱いの制限を求めることもできます。
  • ご利用者の個人情報の移転を求めたり、
  • SKIDATAによる個人情報の取り扱いに異議を申し立てることもできます。
  • ご利用者の同意による場合は、その同意をいつでも撤回する権利および、情報を求める権利、弊社に保存されたご利用者のデータの修正または消去を求める権利があります。